ダナン市における「パシフィック・パートナーシップ2017(PP17)」プログラムを起動
日付を公開 23-05-2017 09:22
送信
フォントサイズ

USNS FALL RIVER (T-EFP -4)米海軍艦が5月8日午後、10日間の「パシフィック・パートナーシップ2017(PP17)」プログラムを起動するため、ダナン市のティエンサ港に寄港した。これは、ベトナムで第8回プログラムが開催され、ダナン市で行われる第4回連続となる。今年のプログラム参加者は、イギリス、オーストラリア、日本などパートナー諸国である。

ダナン市は、人道支援・災害救援(HADR)の分野における協力を促進するためのベトナムの各省庁及びプログラムPP17のパートナー諸国と協力し、これによって、米越両国の全面的なパートナーシップ及びプログラムに参加する諸国との友好協力関係を強化に貢献する。

ダナン滞在期間に、プログラムのメンバーは、ダナン市人民委員会のリーダーと会見し、診療・医療に関する専門知識交換・学校及び診療所の新築、修理・コミュニティ交流など人道活動を実施するための現地行政機関と協力した。

プログラムPP17の司令官であるStanfield Chien大佐(1号沿岸警備隊の副司令官)は、

以前のプログラムPPの結果に基づき、プログラムPP17が緊急時対応訓練、医療専門家・医師・看護婦に対する高い技術に支えられた外科手術・診療分野におけるキャパシティビルディング支援など協力活動、情報交換を強化し続けると述べた。この際、プログラムPPはセミナー及び人道・救助に関する専門知識の交換を通じて、災害対応・管理活動を実行し、ホアリエン幼稚園及びホアハイ診療所の改修完了・多機能的な台風に強い住宅着工など現地で活動を行う。艦隊のバンドは、ハン川に架かるドラゴン・ブリッジでパフォーマンスを行い、各メンバーがファン・チュー・チン高等学校の生徒との音楽交流活動に参加する。

USNS FALL RIVER 米海軍艦以外、カンホア省の軍医船561も今回の活動に参加した。ダナン市を出た後、プログラムPP17の次の目的地はカンホア省です。

* 同じ日の午後、ダナン市人民委員会ホー・キ-・ミン(Ho Ky Minh)副委員長はプログラムPP17の司令官及びメンバーと会見した。

プログラムPP17の司令官であるStanfield Chien大佐及びメンバーとの会見で、ホー・キ-・ミン(Ho Ky Minh)副委員長はダナン市の情報、米国とダナン市の協力関係について紹介した。同氏もこの数年間の「パシフィック・パートナーシップ」プログラムの貢献を高く評価し、米国とベトナムの関係をはじめプログラムに参加する諸国との友好協力関係を強化するための海上安全保障・防災・災害対応・現地での人道活動を実施し続けることを期待すると述べた。

Le Hoaより