APEC首脳会議 2017がいよいよダナンで開幕します
日付を公開 27-10-2017 09:19

2016年11月20日、ペルー・リマで行われたAPEC首脳会議にて、ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席がAPEC2017の議長国宣言を行い、ダナンでAPEC首脳会議を開催する旨を述べました。これはダナンにとって素晴らしい機会であり、大きな挑戦となります。APEC首脳会議の成功のため、2017年ベトナムAPEC開催都市の一員として、ダナンは包括的でかつ十分に整備する必要があります。

ダナンAPEC2017開催準備はすべて整いました

ダナンでは2015年から、首脳会議開催予定都市として様々な準備に取り組んできました。この3年間、ベトナム指導者及びAPEC国家委員会2017の監督の下、中央政府と地方政府が効果的協力を行うため、インフラ整備やキャンペーン、医療、セキュリティ、そして人的資源のすべての面において市民と一丸となって準備活動に努めました。目前に控えた今、ダナンAPEC2017開催準備はすべて整いました。

現代的な施設整備

APEC首脳会議開催にあたり、施設整備が初期段階の急務として挙げられました。APEC国家委員会関連組織や中央政府機関と協力し、開催地選択に際するダナンの設備調査を行なった後、ダナン市政府及び個人投資家により首脳会議に向けたリノベーションや水準向上が行われ、新しく現代的な「街の姿となりました。

首脳陣及び経済界の代表団が最初に降り立つ場所であるダナン国際空港では、広い空間と近代的な国際ターミナル、そして政府専用機が離着できる規模に拡張された75もの駐機場で各国代表をお招きします。そのほか、3000もの国内外の報道機関が会期中に使用する国際メディアセンターは、予定より早く完成に至りました。このセンターは現代的なデザインで、機能的な設備やサービスを整えており、非常に利用しやすい施設となっています。

3000もの国内外の報道機関が会期中に使用する国際メディアセンターは、予定より早く完成に至りました

また、首脳会議での主要アクティビティが開催されるその他の会場には、InterContinental Sun Peninsula Resort、 Ariyana Da Nang Exhibition and Convention Centre、Furama Resort Da Nang、Sheraton Da Nang Resort、 Tien Son Sports Arena、Da Nang Convention Centre、Pullman Da Nang Beach Resort及び Vinpearl Da Nang Resort and Villasなどが挙げられ、組織委員会の規定に合わせて準備されます。ダナンのホテル環境、特にビーチ沿いのラグジュアリーホテルリゾートはハイスタンダードルームを含めて、首脳陣をはじめ代表団を迎えるのに十分な宿泊施設要件を満たしています。

都市景観・環境改善に向けて

中央政府がダナンをAPEC首脳会議開催地に選んだ理由の1つとして、ダナン市の計画と利便性の高い交通網が挙げられます。今まで大きく発展を遂げてきたダナン市ですが、APECの際に訪問する各国代表団やメディア関係者などの訪問者に対して、良い印象を持っていただくために、さらに発展していく必要があります。

現在のダナン市は以前より清潔で開放感に溢れた街となり

過去数年間にわたり、ダナン市では大型プロジェクトが実施され、観光客数が上昇し、それに伴い都市管理や環境衛生改善に向けて努めてまいりました。2016年から2017年にかけて、APECの際に代表団が使用する場所を含めた多くの道路が改修されました。また、歩道も改良工事が行われて木々が立ち並ぶようになり、同様に都市管理と環境衛生についても対策が取られました。このような取り組みにより、現在のダナン市は以前より清潔で開放感に溢れた街となり、APEC首脳会議への準備は着々と整ってきています。

APEC首脳会談開催に合わせて作られたのが、ダナンの新たな名所となるAPECパークです。市の中心部(ドラゴンブッジとチャム彫刻博物館の隣)に位置しており、建設の際には、デザイン・設計・公園内に飾る彫刻作品の提供などを通して、APEC参加各国にご協力を頂きました。APECパークは経済協力だけではなく、文化や芸術を通して、協力関係や未来志向の精神を示しています。公園へ訪れることで、地域住民や観光客にとって、各国のユニークな文化に触れる良い機会になるでしょう。

市民こそがダナンの象徴

APEC首脳会談に向けた施設や美しい都市景観、万全なセキュリティ以外で代表団に強い印象を残すものは、おそらくダナンの人々の美しさでしょう。ダナンの市民一人一人が、熱気とおもてなしに溢れる、「住みやすい街ダナンの文化大使」として活躍することを目指し、ダナン市は過去数年にわたり、300人の公務員・警備員・医療従事者・メディア関係者に対して、英語学習コースを提供しました。またホテルやレストランの従業員、タクシードライバーに対して、言語能力、交渉能力の向上を目指すトレーニングを行いました。

さらには、大学生や市役所職員による800名が、ボランティアのために学校や組織から選ばれ、トレーニングを受けています。彼らはAPEC首脳会議とそれに付随するイベントの運営をサポートするために、自らが持つ若さ・情熱・専門技術を発揮します。

友好とおもてなしの街ダナンの実現にむけて、地域住民の積極的参加を促すために、ダナン市は「ダナンスマイル」プロジェクトを開始しました。APEC首脳会議に直接関わる公務員やボランティアだけではなく、地域住民及び代表団やビジネスマン、APEC期間中にダナンを訪れる方々に対して良い印象を持っていただくうえで、重要な役割を果たします。

9月30日から10月1日までの APECリハーサルの中で、ベトナム副首相やAPEC国家委員会2017委員長はダナン市の取り組みを高く評価しました

ハン川の東側にあるAPECカウントダウン時計は重要な時期に達しており、ダナン市はこのイベントを歓迎できることを嬉しく思います。 9月30日から10月1日までの APECリハーサルの中で、ベトナム副首相やAPEC国家委員会2017委員長はダナン市の取り組みを高く評価しました。ダナン市はAPEC首脳会議が成功するように国際儀礼、物流、安全保障及び医療を準備し、都市景観、環境、都市秩序をより良くするために、APEC国家委員会2017の小委員会と引き続き協力します。また、ベトナムの世界的な地位向上、とりわけダナン市の知名度を高めることに貢献します。

ダナン市人民委員会