世界で4番目に高い観覧車「サン・ホイール」がオープン
送信
フォントサイズ
7月18日、ダナン市にあるアジア公園で最初の施工項目として、観覧車「サン・ホイール」が営業運転を正式に開始しました。高さは世界で4番目という115メートルで、1周を約15分で回転します。「サン・ホイール」は64のゴンドラが取り付けられており、1周最大384人まで乗車できます。

 
観覧車「サン・ホイール」は、2013年10月に着工し、ドイツ、日本、タイからの高度な専門技術者及びベトナム人技術者・ベトナム人労働者により施工されました。「サン・ホイール」のゴンドラからは市内の夜景を一望でき、これまでに体験したことのない新たな角度から市内を眺めることができ、彫刻家により一枚岩で作られた高4.7メートル、20トンの重さを持つ弥勒大仏像を拝見することができるのです。

 アジア公園は、ベンズレー・デザイン·スタジオ(Bensley Design Studios)コンサルティンググループ所属国際的に有名な建築家ビル・ベンズレー(Bill Bensley)氏(4年連続世界一有名な建築家のトップ5入り)により設計されたものです。アジア公園の総企画面積は880,082m2です。

 第2段階では、アジア9カ国の文化・アーキテクチャ をシミュレーションする文化公園を建設し、ベトナム国内をはじめアジア地域の人気観光スポットになることを期待されています。第1段階は、観覧車「サン・ホイール」建設工事と魅力的な米国製60種以上の新ゲームを持つ遊園地建設工事を含みます。この段階の総投資金額は約4兆ベトナムドンであり、2015年末に完成する予定です。
 
オープン記念として2014年7月18日から2014年12月31日まで、大人または子供に1周のチケットが5万ベトナムドンとなる割引キャンペーンを実施します。なお、身長1メートル未満の子供は無料となります。営業時間は、毎日夜17時から23時までです。

Ngoc Thuy